窒化ケイ素等方圧成形型

Home/Products/ ドライバッグDIP成形金型

窒化ケイ素等方圧成形型

Categories: ドライバッグDIP成形金型

Application: 窒化ケイ素等方圧成形型

Inquiry

Main description:

窒化ケイ素等方圧成形型

DESCRIPTION

等方圧成形型、等方圧セラミック成形型、CIP 成形型、CIP セラミック、CIP、冷間等方圧成形型、冷間等方圧成形型、CIP 粉末成形

 

窒化ケイ素等方圧成形型

窒化ケイ素等方圧成形型、窒化ケイ素粉末等方圧成形ゴムスリーブ、窒化ケイ素セラミックウェットバッグ法等方圧成形型スリーブ、窒化ケイ素セラミック等方圧成形:窒化ケイ素セラミック等方圧成形は、加圧するサンプルを高圧容器に入れ、液体媒体の非圧縮性と圧力を均一に伝達する性質を利用して、サンプルを全方向から均一に加圧することです。液体媒体が圧力ポンプを介して圧力容器に注入されると、流体力学の原理に従って、圧力は一定で、全方向に均等に伝達されます。このとき、高圧容器内の粉末にかかる圧力は、全方向で均一で一貫しています。上記の方法により、不毛の粉末を緻密体に成形する方法は、等方圧成形と呼ばれます。

 

窒化ケイ素セラミックスの等方圧プレスのプロセス:

 

初期の成形圧力が小さい場合、粉末粒子は移動して再蓄積します。

 

中期では、圧力が増加し、粉末が局所化して流動し、断片化します。

 

後期で圧力が最大になると、粉末の体積が圧縮され、気孔が排出され、緻密化段階に達します。

 

窒化ケイ素セラミックスの等方圧プレスの特徴:粉末と金型の間の摩擦は比較的大きく、圧力によりプレス方向に沿って圧力損失が発生し、グリーンボディの各部分の密度が不均一になります。等方圧プレス中、液体媒体によって伝達される圧力はすべての方向に等しくなります。液体媒体の圧力を受けたときに弾性金型によって生成される変形は、金型内の粉末に伝達されます。粉末と金型壁の間の摩擦は小さく、グリーンボディは均等に応力を受け、密度分布は均一で、製品性能が大幅に向上します。

 


あらゆる種類のカスタマイズをサポートしています。必要な場合は、お問い合わせください。

電話/WhatsApp:+86 18234744811

メール:sales@highindustryco.com


0.387398s